Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
雑記帳&告知板
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
俳句工房[ZA]−吉野裕之の俳句と評論の工房
 
 
 
まちなか交換所
東京都台東区谷中2丁目
CHAIR-STORIES - まちなか交換所
CHAIR-STORIES
 
 
 
Yに集うことばたち
吉野裕之歌集『Yの森』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
吉野裕之歌集
『Yの森』
 
 
 
傷をかかえた土地の、
むかしの時の刻みから、…
高橋みずほ歌集『春の輪』(発行:沖積舎 装幀:間村俊一)
高橋みずほ歌集
『春の輪』
 
 
 
フェリス女学院大学
オープンカレッジ

俳句創作講座 - フェリス女学院大学オープンカレッジ

俳句創作講座
 
 
 
 
雑記帳[44]
 
都市=まちづくり、NPO=市民活動、短詩型文学(短歌・俳句)、アート・クラフト・デザインなどに関わる雑感を掲載しています。日常のなかのこれらのもの/ことたちは、私たちの思考/試行を楽しく起動してくれます。
 
440:高野公彦短歌作品&桑原正紀短歌作品(「棧橋」第114号)
439:和田耕三郎俳句作品(「OPUS」第33号)
438:石田波郷俳句作品(選集『初蝶』/句集『惜命』)
437:大塚寅彦短歌作品(「短歌」2月号)
436:志垣澄幸短歌作品(「日向通信」第18号)
435:雨宮雅子歌集『鶴の夜明けぬ』
434:「ことばの楽園」第6号
433:王紅花短歌作品(「夏暦」第34号)
432:仲寒蝉俳句作品(「里」2013年1月号)

431:青井史歌集『青星の列』

■雑記帳440 13/4/14

 近くのポストまで葉書を出しにいき、躑躅や蔦の若葉を楽しんで戻ってきて郵便受けを覗くと、「棧橋」第114号(2013年4月)が届いていました。

  • 身と心この世に馴れぬまま老いて今宵ふつふつと加湿器の霧  高野公彦
  • いさかひに負けて気弱になりし夜ワインの白で牡蠣を楽しむ
  • 掃除することにも動機が必要で動機なければ三年をせず  桑原正紀
  •  一月二四日 中学第一回入試
    二千人の受験生ほぼ全員がマスクして来るりくぞくと来る

 高野公彦さんの作品「月は鬱金いろ」12首、桑原正紀さんの作品「はつはな」12首から引きました。日常のなんでもないようなことがらを詠んだ作品ですが、私のなかにすとんと入ってきました。
 歌集や句集に比べ、雑誌は気楽に読むことができます。構えずに、ということですが、これらの作品は歌集で読むとまた別の印象を受けるかもしれません。ただ、いまの私にはとてもうれしい、というと変かもしれませんが、そんな作品です。

 

■雑記帳439 13/2/24

  • 涙ふと土の味して冬眠す  和田耕三郎

 「OPUS」第33号(2013年2月)の和田耕三郎さんの作品「十二月」15句のなかの一句です。
 涙に土の味を感じる。それはただ事ではないと思います。土の味とはどんな味なのか、それははっきりしませんが、土の味と断定する、断定せざるをえない状況、といったら大袈裟な感じもしますが、そうした心のありようを思います。「冬眠す」。それもきついありようです。

 
[関連事項] 俳誌「OPUS」

雑記帳81 雑記帳170 雑記帳228 雑記帳340 雑記帳554 雑記帳563

 

■雑記帳438 13/2/15

  • 息白く七日の家長家を出づ  石田波郷

 句集『惜命』(作品社、1950年)に収められた一句。石田勝彦編による選集『初蝶』(ふらんす堂文庫、2001年)から引きました。
 『初蝶』は手軽な文庫本なので何度も読み返していますが、いままでこの一句にはあまり目がいっていなかったようです。しかし、きょうふと開いたページにあったこの一句が、とても気になったのです。季語は、おそらく七日。「七日の家長家を出づ」。波郷の病気のことを思っても、思わなくてもいいのだと思います。波郷30代半ばの作品ということに驚きます。…と書きながら、結局この一句について何もいっていないのですが、この一句を発見したことを記しておきたいと思うのです。
 ところで、『初蝶』を手にすると、ときどきなにか発見があるのは不思議なことです(雑記帳302)。

 

石田波郷句集『初蝶』(ふらんす堂)

[関連事項]
雑記帳096(石田波郷作品:句集『風切』)
雑記帳140(石田波郷句集『鶴の眼』)
雑記帳215(石田波郷句集『風切』)
雑記帳532(石田波郷句集『惜命』)
 

■雑記帳437 13/2/10

  • 寒牡丹そのしろたへの仄かなる紅のごとしも春の気配は  大塚寅彦

 「短歌」2月号(中部短歌会)の大塚寅彦さんの作品「くれなゐ」10首のなかの1首です。
 なぜ惹かれるのか、よくわかりません。正しく短歌の姿をしている。それは確かなようです。しかし、正しく、というのはけっしてプラスにだけ働くことではありません。おそらく、そうではあるのだけれど、結句のありようが、実は正しくないのではないか、そんな気がします。
 やはり、短歌は面白いと思うのです。

 
[関連事項] 大塚寅彦論−確かなしなやかさ
[関連事項] 雑記帳290(「短歌」2008年11月号)
 

■雑記帳436 13/2/6

  • なにものかひそかに動くけはひして庭先から納屋に日が移りゐる  志垣澄幸
  • 陽の中より見れば家内(やぬち)のくらきことその闇に棲み人はうごめく
  • 犬に寄りてなにかもの言ふ男あり犬も人間のやうに聞きゐる
  • 生の終りは別べつに来むぽつんぽつんと梅の花咲く土手歩みきて
  • 空襲が前世のごとくよみがへるあるいはわれも死者かも知れず
  • 海沿ひの人の棲家が白々と病巣のごと固まりて見ゆ
  • たれも居ぬ墓地にしくれば陽に照りて造花かがやく墓ひとつ見ゆ
  • 凧ひとつひるがへりゐる昏れの空見ることもなく翁歩み去る

 志垣澄幸さんの個人誌「日向(ひむか)通信」第18号の作品「時間(ときのま)」33首から引きました。
 静かな、しかし鋭い角度をもった視線が、日常のほころびを捉えた作品と思います。ほころびには、見なくても済む、そんななにかが見えてしまいます。

 

「日向通信」第18号

■雑記帳435 13/2/4

雨宮雅子歌集『鶴の夜明けぬ』(現代短歌社第1歌集文庫、2013年) 雨宮雅子さんの歌集『鶴の夜明けぬ』が文庫版(現代短歌社第1歌集文庫、2013年)で刊行されました。初版は1976年の刊行(鶴工房)。こうした一冊が文庫版で読めるのはとてもありがたいことです。
 一冊は、著者40代半ばの作品を収めています。「いまごろ処女集を出すというのは、何ともふしぎな気がするが、(略)」と「巻末に」で香川進さんが記しているように、雨宮さんの最初の歌集です。雨宮さんのお仕事の概略は理解しているつもりでしたが、あらためてこの一冊の完成度の高さを思います。10代後半で短歌に関わりはじめておられたことを考えれば、この完成度の高さは当然かもしれません。しかし、年月だけが作品の質を高めるわけではないこともまた、当然です。

  • 誇り高く生き終へたしと思へるは父より継ぎしただひとつにて  雨宮雅子
  • 日だまりは回想の場所ひそやかなその温りに背をむけて去る

 こうした年代だからつくることのできる作品かもしれません。もう若くはなく、しかし老いにはまだすこし時間のある年代。40代とは、そんな年代だと思います。そんな、いわば隙間のような年代だからこそ、自然体でこうした作品をつくることができるのではないか。その年代を過ぎて、ふとそう思うのです。

  • 灯にさらす胡桃の五つ掌に鳴りてあるいは鳥の五つの頭蓋
  • 風すぎて芽ぶく木木ありをりをりのきらめきもまた風に吹かるる
  • 雷はしる刹那刹那を神の手の白きはのびるはくれんのうへ
  • 地を歩む足裏のみの確かさに遠世(とほよ)の蝉のこゑくだりくる
  • かまつかは煌煌としてくらきかな陶器工場引込線跡
  • 自動扉の開閉つねにおそろしきそこより見知らぬ街がつづけり
  • はらはらとわくらばが降るにんげんのかなしみが降る日の暮れをゆく
  • さみしければつま立ちて歩く部屋のなか見知らぬ家のごとき雨の日
  • 吹かれつつ水辺歩めば低きへと傾斜してゆく夏ゆふまぐれ
  • かがやきをまとひて歩む幼な児のつばさみえねど若葉はつなつ

 さらに10首だけ引きます。

 
[関連事項] 雑記帳160(雨宮雅子歌集『熱月の風』)
[関連事項] 雑記帳414(雨宮雅子歌集『水の花』)
 

■雑記帳434 13/2/2

「ことばの楽園」第6号 「ことばの楽園」第6号(年2回刊)が刊行されました。現在のメンバー、浦崎真子さん(短歌・俳句・エッセイ)、渡邉千華子さん(短歌・俳句・エッセイ)、山田絵美さん(デザイン)、渡真利紘一さん(フォト)になって3号目となります。
 第4号では俳人の石田郷子さんと歌人の荻原裕幸さんを、第5号では歌人の岡井隆さんと俳人の宇多喜代子さんをゲストに迎え、作品をご寄稿いただきました。
 今号は、琉球凧の制作者で、珈琲店「原点」(沖縄市)のオーナーである外間也蔵さんへのインタビューです。凧も珈琲も人と人を繋ぐ媒体──いわば「ことば」ではないか、という観点から、外間さんが具体的にどのようなお仕事をなさっているのか、またどのようにお仕事をなさっているのかを、渡真利さんが「原点」に足を運び、じっくりとうかがいました。
 今号のデザインの基本は、切り株、年輪。「環境によって、経験によって、人も1年1年、肉体と精神の狭間のようなものをつくっていきます」(山田絵美「scene2」)。地が白の表紙ははじめてです。
 私は前号に続き、フォト4葉(撮影:アトリエ云)とのコラボレーション、短歌と俳句の混合を試みました。

  • 短歌
    冬の飛蝗 浦崎真子
    ファスティング覚 渡邉千華子
  • 特集
    外間也蔵氏インタビュー−凧と一杯の珈琲と、
  • 俳句
    捨てる 渡邉千華子
    冬至風呂 浦崎真子
  • 短歌(俳句による詞書)
    ここかもしれない場所U 吉野裕之
  • フォト
    歳月 渡真利紘一
  • エッセイ
    便利で寂しいツルツル 浦崎真子
    太宰治「待つ」の効用 渡邉千華子
  • scene1-2-3 山田絵美
 
[関連事項] 雑記帳448(「ことばの楽園」第7号)
[関連事項] 雑記帳412(「ことばの楽園」第5号)
[関連事項] 雑記帳402(「ことばの楽園」第4号)
「ことばの楽園」のサイト
 
■雑記帳433 13/2/1
  • 優先席(シルバー・シート)に座りし夫に従へど老人にはとほきふたりとおもふ  王紅花
  • 冬空の星大きくて金紙や銀紙をべたべたと貼り付けしやう
  • 朝五時の合図にシベリウスを流す この白き町は高原の町
  • 薄暗きキッチンに立つわたくしがキャビネットに映る 幽霊のやうに
  • 吹雪野を宅配便の車来て森の別荘地を巡りをり

 王紅花さんの個人誌「夏暦」第34号(2013年1月)の短歌作品「桜花」30首から引きました。
 王さんの作品はいつも、なんだかとても不思議な感じです。<雑記帳352>に、「全体として散文的なことばの流れの作品が多いのですが、しかし確かに韻文として成立している、そんな危うさが心地よいのです」と記しましたが、この危うさに惹かれるのだと思います。
 「冬空の星大きくて金紙や銀紙をべたべたと貼り付けしやう」。ふと、幼稚園のころのクリスマス会を思い出しました。

 

「夏暦」第34号

[関連事項]
雑記帳258(「合歓」第40号)
雑記帳322(「夏暦」第21号)
雑記帳445(「夏暦」第46号)
日常と身体−五月のある休日に考えたこと
 
■雑記帳432 13/1/26
  • 裸木に触れしその手をそつと嗅ぐ  仲 寒蝉
  • コピー機の紙のぬくもり年惜しむ
  • 葛湯に匙停泊中の船のごと

 俳句同人誌「里」2013年1月号の仲寒蝉さん(註:正字)の作品7句から引きました。ああ、俳句はこうした感覚を詠めるのだ、という、やすらかな思いに包まれます。それは知っていたはずなのだけれど、ふと、あらためて気づいた、気づいたことがうれしい、そんなささやかなことです。
 小さく小さく、しかし豊かに豊かに。俳句はそんな詩型なのだと思います。

 

俳句同人誌「里」2013年1月号

■雑記帳431 13/1/22
  • 啓蟄は明後日(あさって)の明後日 明後日までに成すこと誰かに言ふこともなし  青井 史
  • さてこののち何を成さむや椿落ちて春の大地を錆びさせてゐる
  • 桃の花いつぱいに咲きて三月の原稿用紙の白匂ひ立つ
  • いにしへもいにしへありき人麿の生まるる前の柘榴か実る
  • 銀河のごと眠る青年ちちははの死を予定せぬ若さしろがね
  • 子を産みて白桃のごとく眠りゐるこの充実を母といふなり
  • 螢とゐて静かになりしをさな子の背にもかたまりの小さき闇あり
  • まつすぐ歩くとすぐ青空に突きあたるそんな海沿ひの町に棲みたい
  • 雲割れて大き蒼穹こぼれ来つしばらく待つほかなきわれへ
  • 椿色のルージュが流行この冬の愉しさ椿のおしやべり聞こゆ

 青井史さんの歌集『青星(せいせい)の列』(短歌新聞社、2000年)から10首だけ引きました。ふと本棚から取り出し、あらためて読み直したのですが、根底にある明るさに惹かれます。「まつすぐ歩くとすぐ青空に突きあたるそんな海沿ひの町に棲みたい」。元気な気持ちになります。
 『青星の列』は、青井さんの4冊目の歌集で、生前最後の歌集になります。私は著者にサインをいただくことはあまりないのですが(お願いするのは照れくさいですから)、この一冊には「青井史」のなめらかな文字が置かれています。

 

青井史歌集『青星の列』(短歌新聞社)

雑記帳[44]
440:高野公彦短歌作品&桑原正紀短歌作品(「棧橋」第114号)
439:和田耕三郎俳句作品(「OPUS」第33号)
438:石田波郷俳句作品(選集『初蝶』/句集『惜命』)
437:大塚寅彦短歌作品(「短歌」2月号)
436:志垣澄幸短歌作品(「日向通信」第18号)
435:雨宮雅子歌集『鶴の夜明けぬ』
434:「ことばの楽園」第6号
433:王紅花短歌作品(「夏暦」第34号)
432:仲寒蝉俳句作品(「里」2013年1月号)

431:青井史歌集『青星の列』

43 雑記帳 45

このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動