吉野裕之のウェブサイト
 
プロフィール−経歴と最近の仕事
profile
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
吉野裕之の俳句と評論の工房−俳句工房[ZA]
 
 
 
5冊の歌集と
いくつかの文章で
構成した選集
『現代短歌文庫「吉野裕之歌集」』(発行:砂子屋書房)
『現代短歌文庫
「吉野裕之歌集」』
 
 
 
 
 
■profile
(Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動)
 
吉野裕之 Hiroyuki YOSHINO 空蝉童子(くうせんどうじ)[篆刻:雨人@かまくら篆助]
1961(昭和36)年8月1日、横浜・根岸生まれ。根岸は、母方の代々の土地。
横浜国立大学教育学部附属横浜小学校、同中学校、神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校を経て、九州大学農学部林産学科卒業。九州大学大学院農学研究科林産学専攻修士課程修了。
長谷工コーポレーション入社後、長谷工総合研究所副主任研究員などを経て、ハウジングアンドコミュニティ財団チーフ・プログラム・オフィサー。この間、住まい・まちづくり活動推進協議会事務局長、住まい・まちづくり担い手支援機構理事などを兼務。2010年より、内閣官房地域活性化統合事務局の地域活性化伝道師。2020年、都市住宅学会賞論文賞受賞。
都市=まちづくり、NPO・市民活動の研究や支援に関わりながら、とくに文化論的な視点から都市の計画・まちづくりのあり方を模索するとともに、その様相の記述を試みている。
短歌を加藤克巳(「個性」主宰)に師事、光栄堯夫(「桜狩」主宰)に兄事。1986年、「桜狩」に入会(2011年退会)、1988年、「個性」に入会(2004年解散)。2002年、短歌ユニット[BLEND]を始動(2007年解散)。
俳句を今村俊三(「桃滴舎」主宰)、岸田稚魚(「琅〓」(〓:王偏に干)」主宰)に師事。1985年、「桃滴舎」に入会(1991年終刊)、1986年、「琅〓」に入会(1991年退会)。1991年、岡井省二、岡本高明の誘いを受け、「槐」創刊に参加(2001年退会)。俳句工房[ZA]を運営。
「ことばの楽園」(短歌+俳句+フォト+デザイン:2010年8月創刊)、「豆句集 みつまめ」(俳句:2012年11月創刊)をプロデュース。
日本NPO学会会員、都市住宅学会会員、日本建築学会会員。
現代歌人協会会員、日本歌人クラブ会員、俳人協会会員、日本文藝家協会会員。
横浜歌人会運営委員。

法政大学現代福祉学部非常勤講師 (コミュニティアート/2010年度〜)。
フェリス女学院大学文学部非常勤講師 (俳句創作を学ぶ/隔年開講/2014年度〜2016年度)、(短歌・俳句創作を学ぶ/隔年担当/2018年度〜)。
東京家政大学共通教育推進室非常勤講師 (暮らしの探究-地域で学ぶ/2017年度〜2018年度)、(社会と文化-まちづくりと起業のススメ/2019年度〜)、(芸術論/オムニバス/2019年度〜)。
フェリス女学院大学オープンカレッジ講師 (俳句の創作-日本語のすばらしさを学ぶ)/2004年度〜2020年度)。

KOTOBA Design(ことばデザイン)共同主宰。
堂号は空蝉庵(くうせんあん)。戯れに空蝉童子(くうせんどうじ)。20代の頃より、「空蝉(うつせみ)」ということばを大切にしてきた。その形とともに、音の響きに惹かれてのことだと思う。

主な著書に、歌集『空間和音』(砂子屋書房)歌集『ざわめく卵』(砂子屋書房)歌集『博物学者』(北冬舎)歌集『Yの森』(沖積舎)歌集『砂丘の魚』(沖積舎)選集『セレクション歌人「吉野裕之集」』(邑書林)選集『現代短歌文庫「吉野裕之歌集」』(砂子屋書房)『横浜歌枕集成・新版』(共編著:短歌新聞社)、『加藤克巳作品研究』(共著:風心社)、『岡井省二の世界−霊性と智慧』(共著:北宋社)、『パブリック・アートは幸せか』(共著:公人の友社)などがある。
ほかに、『現代の第一歌集 次代の群像』(ながらみ書房)、『現代短歌の全景 男たちのうた』(河出書房新社)、『現代短歌一○○人二○首』(邑書林)、『アンソロジー横浜2009』(六花書林)などのアンソロジーに参加。

 
 
 
このページのトップへ
© 吉野裕之/空蝉庵  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
[KOTOBA Design/tanka/haiku/machizukuri/npo]