Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
雑記帳&告知板
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
俳句工房[ZA]−吉野裕之の俳句と評論の工房
 
 
 
1990年代の私=あなたが
ここにいる
歌集『博物学者』(発行:北冬舎 装幀:大原信泉)
吉野裕之歌集
『博物学者』
 
 
 
森に届けられた赤い実は
土深く張る樹々の根の間を
秘かにくぐり抜けてきた。
高橋みずほ歌集『ゆめの種』(発行:沖積舎 装幀:間村俊一)
高橋みずほ歌集
『ゆめの種』
 
 
 
インタビュー
岡部桂一郎氏/草柳繁一氏

インタビュー:岡部桂一郎氏/草柳繁一氏(横浜歌人会会報第100号)

横浜歌人会会報
第100号
 
 
 
フェリス女学院大学
オープンカレッジ

俳句創作講座 - フェリス女学院大学オープンカレッジ

俳句創作講座
 
 
 
 
雑記帳[18]
 
都市=まちづくり、NPO=市民活動、短詩型文学(短歌・俳句)、アート・クラフト・デザインなどに関わる雑感を掲載しています。日常のなかのこれらのもの/ことたちは、私たちの思考/試行を楽しく起動してくれます。
 
180:克巳会(加藤克巳の91歳の誕生日)
179:深見けん二句集『水影』
178:川端弘短歌作品(「林間」2006年7月号)
177:大塚寅彦短歌作品(「短歌」2006年6月号)
176石田郷子俳句作品(「椋」第10号
175今村俊三句集『翼』
174:山尾玉藻俳句作品(「火星」2006年6月号)
173:三枝昂之歌集『天目』
172:俳句英訳作品(河野一郎訳)

171:吉野亜矢歌集『滴る木』

■雑記帳180 06/6/30

91歳を迎えた加藤克巳 きょう(6月30日)、浦和ロイヤルパインズホテル(さいたま市)で3回目の「克巳会」が開催されました。「克巳会」は、一昨年1月に解散した歌誌「個性」(参照:雑記帳102 雑記帳104)の同人・会員が、主宰・加藤克巳の誕生日に毎年集う会。首都圏を中心に全国から同人・会員が集い、今年は、克巳の91歳の誕生日をお祝いする会となりました。
 昨年も書きました(雑記帳148)が、とても元気でした。昨年は一昨年より元気でしたし、今年は昨年より元気でした。「えっ?」と思われるかもしれませんが、年々若返っているようです。創作活動以外に、3つの新聞歌壇の選歌、6つの講座をこなしているとのこと。そして、人一倍健康に気をつけ、とくに食事には気を配っているとのこと。克巳の元気の秘訣はこうしたところにあるようです。
 克巳からは、短歌以外にも学ぶことがたくさんあります。

 
ユーモアを交え少年時代・青年時代の思い出を語る克巳 高橋みずほさんから花束を受ける克巳
(左)ユーモアを交え少年時代・青年時代の思い出を語る克巳
(右)高橋みずほから花束を受ける克巳
 
[関連事項] 加藤克巳論
 

■雑記帳179 06/6/25

 ふらんす堂文庫の「精選句集シリーズ」は、作家ごとの選集のシリーズ。作家の全体像が概観できる、コンパクトなシリーズです。
 その一冊である深見けん二さんの『水影』(2006年)は、既刊6句集にその後の作品を加えた380句から構成されています。

  • 外套の中の寒さを覚え立つ  深見けん二
  • 浅間嶺へ夕立雲の屏風立ち
  • 鶏頭のかむりの紅の初々し
  • ラジオ消し銀漢船に迫りたる
  • 秋耕の一人に瀬音いつもあり
  • 父の魂失せ芍薬の上に蟻
  • 金盞花畑に立てり朝の海女
  • 流れゆくもの水になし猫柳
  • 一人来て郭公鳴けり父の墓
  • 汗ひいてゆきつつ話すなつかしき

 昭和16年から30年の作品を収める最初の句集『父子唱和』および31年から50年の作品を収める2冊目の句集『雪の花』から5句ずつ引きました。
 大正11年生まれの深見さんにとって、『父子唱和』は青春期から壮年期前半の作品を収めていることになります。清々しい精神のありようを伝える一冊と思います。「鶏頭のかむりの紅の初々し」に見られる主観語の確かさは、その一例です。『雪の花』ではそれを継承しつつ、風景の切り取りに独自さを加えていきます。

  • デッサンの蟻百態のノートあり
  • 黒々と暮れて色ある紅葉山
  • ものの芽の一つ一つは傾ける
  • 針供養にも夕影といへるもの
  • 紅梅の蕊ふるはせて風にあり
  • 曇天のひとかけらづつ辛夷散る
  • 海見えて太平洋やつばくらめ
  • 海に日の沈みてよりの夏料理
  • 岩牡蠣を大きく育て土用波
  • 月よりの風が涼しく届きけり

 3冊目の句集『星晨』以降の作品から10句だけ引きました。即物的でありながら不思議と蟻のいきいきとしたようすが立ち上がってくる「デッサンの蟻百態のノートあり」、色彩の変化、ありようを巧みに捉えた「黒々と暮れて色ある紅葉山」、風景との関係の時間による変化を巧みに捉えた「海見えて太平洋やつばくらめ」、時間を視覚によって表現した「海に日の沈みてよりの夏料理など、対象とのあいだに育まれている豊かさが大きな魅力となっていると思います。


■雑記帳178 06/6/21

  • 生きているわれの影なり伸び伸びと体操をする海のほとりに  川端 弘

 「林間」7月号の川端弘さんの作品です。一連8首は5月を詠んだもの。そのなかの一首です。
 川端さんは横須賀にお住まいなので、この海はおそらく横須賀の海だと思います。しかしいうまでもなく、そんな具体的な地名は関係なく、この作品の海はあります。
 五七/五七/七という切れとリズムが心地よく(結句の倒置法が効果的です)、5月のさわやかさを伝えています。「生きているわれの影なり」「伸び伸びと体操をする」。これらなにげなく表現されたことがらも、平凡ではありません。
 梅雨の真っ只中にこうした一首を読むことができたことをうれしく思います。

 

短歌雑誌「林間」2006年7月号

[関連事項]
雑記帳392(「林間」2011年4・5・6月合併号)
 

■雑記帳177 06/6/18

  • しわしわのまなぶた閉ぢて象のみる夢にも花の散りかかりゐむ  大塚寅彦
  • 口紅(ルージュ)のみその唇に触れさせてひと黙しにき満開のした
  • 勾玉(まがたま)のかたちの死者の補聴器は何聴きをらむ花降るまひる

 「短歌」6月号(中部短歌会)の大塚寅彦さんの作品「花」7首から引きました。ことばの美しさに惹かれます。ここでいうことばの美しさとは、単に単語としての美しさではありません。ひとつひとつのことばがその役割をきちんと果たしているありよう、あるいは、ひとつひとつのことばに役割を与える、その意志のありようの美しさ。厳密な言い方ではありませんが、そんな言い方ができるのではないかと思います。そしてそれは、イメージの力に支えられています。

 

短歌雑誌「短歌」2006年6月号

■雑記帳176 06/6/11

  • 花桃を見てゐてはうれん草貰ふ  石田郷子

 「椋」第10号(2006年6月)の石田郷子さんの作品「花すもも」10句のなかの1句です。
 桃の花を見ていてほうれん草を貰うことなんかあるのでしょうか。ありそうだといえばありそうな…。不思議な句です。花桃という季語、そして歴史的仮名遣いのやわらかさが、なんだかありそうな気にさせてくれます。

 
 

■雑記帳175 06/6/10

 授業のテキストとして使用するために、師・今村俊三の句集『翼』(桃滴舎、1978年)を読み返しました。

  • 青梨やことに日暮の鳩のこゑ  今村俊三
  • 新涼や棘やはらかき杉の梢
  • 嘴よりぞ尾よりぞききと冬の百舌鳥
  • 遠銀杏散り父の忌の遠気球
  • 反古つよくまるめてをりぬ日向ぼこ
  • 象のごと脱糞したり餅喰つて
  • 春の雪難民のごと地に降れり
  •  妻は
    厄落ちて齢のこれり桃は葉に
  • 咲き満ちてゆふべの木瓜の坐りたる
  • 春の風邪踏めざる空を眺めをり
  • 独活の香のはや妻にくる更年期
  • 決められし距離七月の競技場
  • いつ見ても繕ふ母や冬隣
  • 息白く表裏わが身を肯ふも
  • 貼絵にも似たる枯木の気象台
  • 校舎より川底見ゆる二月かな
  • 万愚節飲食をけふ地下街に
  • 蝉澄めり異国の水のやうな雲
  • 息かよひ飽かぬわが身ぞ終戦日
  • 人ら地のおもてに老いぬ鰯雲

 テキストのために抽出した20句ですが、たとえば、「春の雪難民のごと地に降れり」。そのよさを漠然とは捉えていましたが、今回読み返してみて、すこし理屈で説明できるようになりました。しかし、その理屈を考えながら、この作品に限らず、俊三の作品を支えているのは、俳句という詩型への信頼と俳句に対する覚悟ではないか、ということにあらためて気づきました。もうすこし正確にいえば、俊三の俳句という詩型への信頼と俳句に対する覚悟が、以前よりもうすこし分かってきたということだと思います。それがうれしくて、このメモを書いています。そして付け加えれば、この一冊が、俊三40代後半の2年間の作品を収めたものだということ。あと数年でその年齢になる私にとって、とてもうれしく、ありがたいことです。

 

今村俊三句集『翼』(桃滴舎)

[関連事項]
空蝉庵雑記−今村俊三の俳句をめぐって
雑記帳106(今村俊三句集『鳩の頸』)
雑記帳111(今村俊三句集『冬の樫』)
雑記帳478(今村俊三句集『家』)
 

■雑記帳174 06/6/3

 ふと入ってくる作品があります。ぱらぱらとページを、書籍のではなく、雑誌のページをめくっているときに入ってくる作品。こちらが構えずにいる分だけ、なんだかあっけないような、しかしとてもうれしい、そんな気持ちになります。

  • 夏つばめ西空ばかり使ひをり  山尾玉藻

 山尾玉藻さんのこの一句(「火星」2006年6月号)もそんな作品です。土曜日の夜、お風呂上りに、晩酌の酔いがまだ残っていて、のんびりしてはいるものの、締め切りが過ぎた原稿が気になりながら、なんとなく落ち着かないそんな時間に、ふと入ってきた作品。「西空ばかり使ひをり」という巧みな描写によって、夏つばめがあざやかに立ち上がってきます。

 

俳句雑誌「火星」2006年6月号

[関連事項]
雑記帳058(山尾玉藻作品)
雑記帳073(『山尾玉藻集』)
雑記帳200(山尾玉藻句集『かはほり』)
雑記帳304(山尾玉藻作品)
 

■雑記帳173 06/5/15

  • おのずからたのむ心に誘われるけやきは空の夏木立なり  三枝昂之
  • 山門の雨はるかなり紫陽花に紫陽花の雨、傘に傘の雨
  • 雨打って打ってにぎやか群れることげにうれしげな青梅黄梅
  • ゆりの樹は人が来てまた人が来てこれはこれはと見上げる高さ
  • それはそれは古典のようななつかしさ広場に楡が木陰をつくる
  • 府立二中のむかしながらに枇杷実る空にゆっくりはつ夏がくる
  • かなしみの人であろうか 幼な児の前を面伏せて過ぎるわたしは
  • 七、八歩われに遅れて老いる人丘の起伏に抱かれながら
  • まっすぐなまっすぐな声 壮年が泣きくずおれる電話の向こう
  • まくわ瓜食みてむかしの人となるもう視界には遠近がない

三枝昂之歌集『天目』(青磁社) 三枝昂之さんの歌集『天目』(青磁社、2005年)から10首だけ引きました。
 この一冊を拝読して、私がもっていた三枝作品と印象が少し違うように感じました。ここに引いた作品でいうと、前半は印象が変わっていないもの、後半は印象が変わったもの。一冊には後半のような作品が多いように感じました。
 
2002年に上梓された歌集『農鳥』(ながらみ書房)について、以前、「日常を楽しんでいる自己がいる」、「彼の視線は、むろん日常を楽しんでいる自己を捉えるだけではない。自己を取り巻く環境としての世界に潜む、未知へと向けられていく」と書きました(「日常と真向かうための」:「合歓」第22号)。
 今回の一冊は、韻律やことばのつながりを緩ましているといった感じ、というと変かもしれませんが、そんな感じがします。つまり、壮年から老年に差し掛かる自己を表現するための方法の模索、ということかもしれません。

 
 
■雑記帳172 06/5/13
 
留守電の唯繰り返す夜寒かな (浦崎真子)
The answer-phone
Repeating messages−
In the cold of night.
 

髪きりて首におちこむ寒さかな (橋田ちせ)

This cold−
Falling into my neck
After a haircut.
 
先客は枯葉一葉昇降機 (やまべゆりえ)
One passenger before me
In the elevator−
A dead leaf.
 
メロディーの残りたる耳冬北斗 (水谷佳奈)
The melody lingers on
In my wintry ears−
The Big Dipper above.
 
 「言葉遊びのつもりで訳したものですので、お気に召せばどうぞご自由にお使いください」と、河野一郎先生から素敵なプレゼントを頂戴しました。
 私がご紹介するまでもなく、先生は、比較文学・比較文化論をご専攻の東京外国語大学・フェリス女学院大学名誉教授、また翻訳家としてもご活躍の方。先生と私は、フェリス女学院大学で土曜日の同じ時間帯に授業を担当しており、講師控え室でよくお話をするのですが、もっぱら先生が短詩型にかかわる話題をご提供くださり、「たまには私からも何かを…」と、先日、軽い気持ちで私が担当している講座の作品集(『フェリス女学院大学オープンカレッジ「俳句実作講座」 2005年度秋学期作品集』[2006年4月])をお渡ししたのでした。そうしたらなんと、きょう、この英訳を頂戴したのです。感激です。
 原作の日本語の作品、そして英訳。詩が生まれる2つの場に立ち会えたことをうれしく思います。
 作品に添えられていた先生のコメントを記しておきます。
 
水谷さんの作品の「冬」は「北斗」にかかるものと思われるが、あえて「冬の耳」としたことで、音楽の高揚感を冷ましに冬の庭に出た詠み手に大きくかぶさる星座、とimageが膨らむ。なお、dipperは「柄杓」。イギリス英語ではThe Plough(鋤)と言う。
どの句にも「−」を用いたのは、その後にくる意外な展開と驚きを予告するため。「〜かな」の詠嘆を先取りしたもの、と考えて頂いても可。
ここに英訳した4句は、いずれもそのまま英語の世界でもほぼ原句と同様の感動を読者に与えるでしょう。どの句にもイメージに「触感」/「音感」が加わっている点が国際性を持つからです。
(河野一郎)
 
※後日註(2008.2.2)
河野一郎先生はいつも刺激的な話題をご提供くださり、先日は「芭蕉の〈古池や〉の句の季節はいつなのでしょう」と問いかけられました。この問いかけをきっかけに、短い文章を書きました。
「韻律をめぐって」(初出:「白夜」2008年2月号)

■雑記帳171 06/5/4

  • 美しきかたちと思う忠敬(ただたか)の結びあげたる海岸線を  吉野亜矢
  • あるだろう 虹の根ふとく突き刺さるあたり制度の届かない地が

 吉野亜矢さんの歌集『滴る木』(ながらみ書房、2004年)は、これら2首からはじまります。吉野さんの作品の、あるいはこの一冊のよさを集約した作品だと思います。知と韻律。キーワードとして、これら2つをあげることができるでしょう。そして、そのバランス。

  • とりあえずありがとうって言ってみる一人になってまた考える
  • 指先に粉とバターが溶け合ってボウルの中でやわらかくなる
  • 透明の書類ケースが胸元で肺の一つのように戦げり
  • 同じ雨に濡れて来たのに 挨拶を短く交わしモニタへ向かう
  • 辻々に花のお供え神様にうれしいですってありがとうって
  • 傘の下覗き込む地図いつよりか寄り添うことを覚えだす肩
  • スチールの缶にこつんと口寄せる 冷たいものが喉(のみど)へ落ちる
  • 風呂の湯は素数に設定されていて私は1℃上げてから出る
  • 日没の遅き国にて見届ける海辺に馬の揺らす尻尾を
  • 高層のガラスが映す 舞い上がるビニール袋と空と山とを
  • 何もかもそれで説明できるよと笑った人の背に光る空
  • あたらしき本にうす茶の一点がつきてわたしのものとなりゆく
  • あと少したてばあきらめられそうなそんな少しをずいぶん生きて
  • かむほどにおこめのあまさ他人でできた世界に今日も私はいます
  • 透明の水だけ飲んで生きてきたわたしに遠いとおい国の名
  • 休日の朝のはじまりお湯になるまでの冷たさしばし愉しむ
  • お手本の字のような演技する女優だから嫌いといえばよかった
  • あいまいに放置されたる自転車の車輪が溶けて金の夕暮れ
  • 行き違うバスの窓から手を振って見知らぬ人とよろこびあえた
  • 打つことも打たるることものっぺりと過ぎてゆく路水牛の背

 惹かれた作品を20首だけ引きました。静かだと思います。この静かさに惹かれます。静かさは、痛みを受け止めている。知と韻律、そしてそのバランス、と書きましたが、その向こうにある、こうした、しかも自然体のあり方が、吉野さんの作品の大きな魅力なのではないかと思います。

     オリオン座の三つ星を指して私の体のほくろになぞらえたのは父でした。子どもの日のそのたわいない会話以来、ひそかな自愛の象徴として冬の空を見上げてきました。歌も私にとって三つ並んだほくろと同じ、授けられた祝福です。歌らしきものをつくり始めてから十五年になりますが、歌で何かを表現するのではなく、歌こそ何かなのだと思います。

 吉野さんは「あとがき」をこう書き出しています。とてもいい文章だなあ、と思います。自分をとりまくもの(自分の身体も含めて)との関係のありようがとても自然で、謙虚に位置づけられていて…、といった理屈っぽい解釈をしたらせっかくの文章が台無しになってしまうかもしれませんが、「歌こそ何かなのだと思います」となにげなく置かれたフレーズを大切に受け止めたいと思います。

 
吉野亜矢歌集『滴る木』(ながらみ書房)
雑記帳[18]
180:克巳会(加藤克巳の91歳の誕生日)
179:深見けん二句集『水影』
178:川端弘短歌作品(「林間」2006年7月号)
177:大塚寅彦短歌作品(「短歌」2006年6月号)
176石田郷子俳句作品(「椋」第10号
175今村俊三句集『翼』
174:山尾玉藻俳句作品(「火星」2006年6月号)
173:三枝昂之歌集『天目』
172:俳句英訳作品(河野一郎訳)
171:吉野亜矢歌集『滴る木』
17 雑記帳 19
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動