Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
雑記帳&告知板
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
俳句工房[ZA]−吉野裕之の俳句と評論の工房
 
 
 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『砂丘の魚』
 
 
 
Yに集うことばたち
吉野裕之歌集『Yの森』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『Yの森』
 
 
 
 
雑記帳[61]
 
都市=まちづくり、NPO=市民活動、短詩型文学(短歌・俳句)、アート・クラフト・デザインなどに関わる雑感を掲載しています。日常のなかのこれらのもの/ことたちは、私たちの思考/試行を楽しく起動してくれます。
 
608:江畑實歌集『檸檬列島』
607:亀割潔俳句作品(「OPUS」第59号)
606:倉田紘文句集『帰郷』
605:桂信子句集『女身』
604雨人篆刻作品/かまくら篆助
603:石田勝彦句集『秋興以後』
602:茨木和生句集『潤』

601:黒瀬珂瀾短歌作品(「鱧と水仙」第52号)

■雑記帳608 19/8/18

 歌集『檸檬列島』(書肆季節社、1984年)は、江畑實さんの最初の歌集。10首ほど引きます。

  • 空の青ひとらかなしみ秋と呼ぶこの中世に近づく季節  江畑 實
  • 陽溜りに爪つみゐつつ母に名を呼ばれたるわれ深爪をせし
  • 青年が腓返(こむらがへり)をおこしたるプールに満ちて苦(にが)しその水
  • 剃刀を頬にあてゐてひとすぢの血のはしりたり たちまちに秋
  • 終末へ世界は熟るる鮮烈に割れて石榴のごとし地球儀
  • スパイクを穿きたるわかきらが去りしあとずたずたの地にわれ佇てり
  • ときめきのわが息づきに鳴る音叉ぬすめり春の楽器店より
  • 煮沸器にうごめく絵皿 熱湯の底に天使は消毒さるる
  • わが部屋に義足のごとくころがれり昼の天体望遠鏡は
  • 黴雨期に入る日の朝(あした)裏庭に母がまぶしきものばかり干す

 江畑さんは1954年のお生まれ。1978年に「塔」に入会し、1983年に作品「血統樹林」で第29回角川短歌賞受賞。その翌年に、この一冊を上梓されています。後記によれば、作歌を開始した23歳から6年間に制作した作品を収めているとのこと。
 これらの作品から、すでに40年の時間が経っています。1980年前後の、そんな時期の作品で、40年の時間が経っていても新鮮です。いずれもある固さとある明るさがありますが、つまり青春ということなのだと思います。
 実は、江畑さんにはじめてお会いしたのは意外と最近のことで、昨年4月に東京都内のホテルで開催された「松平修文さんを偲ぶ会」でした。江畑さんは大阪から参加しておられ、ああ、そうなのか、と思ったのでした。

 

江畑實歌集『檸檬列島』(書肆季節社)

[関連事項]
雑記帳350(江畑實歌集『瑠璃色世紀』)
 

■雑記帳607 19/8/16

  • むぎあきや駅ビルといふものの影  亀割 潔

 俳誌「OPUS」第59号(2019年8月)の亀割潔さんの作品「湖暮る」15句のなかの一句です。
 「むぎあき」ということばの柔らかさが、ひらがなでとても効果的に表現されています。「むぎあき」は季節。しかし、麦の風景を立ち上がらせ、時間と空間が豊かに交差します。そんな豊かさと「駅ビルといふものの影」のシャープさの取り合わせは、古典的な構造を支えながら、一句を現代的なものにしていると思います。

  • 秒針のとまらぬさくらふぶきかな
  • アスパラガスこくこくと噛みなくなりぬ
  • 四階の人下りて来る藤の昼

 これらも、亀割さんのものと思います。

 
 

■雑記帳606 19/8/6

  • 手を上げて人なつかしき春の風 倉田紘文
  • 惜春の肩を並べて歩きけり
  • 美しき高さを流れ竹落葉
  • 遅れぐせつきたるまゝに滴れる
  • 日盛りのなにもなかりし深空かな
  • 再会の月日涼しく流れゐし
  • どこからも遠くが見えて冬田かな
  • 寒の中へとつかつかと歩み入る
  • 蕗の葉のまはりはみんな蕗ばかり
  • 虫はたと止み闇はたとふさがりぬ
  • 苗床の中にも吹いて春の風
  • やはらかに畦のふくるゝ春田かな
  • 花の中よりゆさ――と花の枝 (――は踊り字(くの字点))
  • かな――と鳴きかな――と鳴き通す
  • 隣りあふ冬田の同じ広さかな
  • 落葉して幹のまはりのただ広し
  • 一通の手紙即ち春隣り
  • 蕗の葉に真昼の重さありにけり
  • 立話して門前の薄暑かな
  • 貝割菜集まつて雨待つてゐる

 倉田紘文さんの句集『帰郷』(牧羊社、1993年)を久しぶりに拝読しました。倉田さんが亡くなられて5年が経ちました。大分と横浜は遠く、お会いする機会はありませんでしたが、1991年に拙著『空間和音』をお送りしてから、お手紙などをやりとりする関係をちょうだいしました。
 倉田さんは高野素十のお弟子さん。19歳で入門し、32歳のとき、素十の勧めにより「蕗」を創刊、主宰。素十の「方丈の大庇より春の蝶」「づかづかと来て踊子にささやける」「ひつぱれる糸まつすぐや甲虫」といった作品を思い出すと、確かに素十を正当に引き継ぐ作家なのだと思います。加えて、さわやかな抒情性が倉田さんのものなのだと思います。

 

倉田紘文句集『帰郷』(牧羊社)

■雑記帳605 19/6/30

 桂信子さんの句集『女身』(邑書林句集文庫、1996年/初版は、琅〓洞(〓:王偏に干)、1955年)を読み返しました。

  • 花ぐもり臓腑おもたき牛あゆむ  桂 信子
  • ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき
  • 秋の暮女ばかりの衣を干せり
  • 中天に雁生きものの声を出す
  • 中空にとどまる凧も夕陽浴ぶ
  • 湯上りの指やはらかし足袋のなか
  • 窓の雪女体にて湯をあふれしむ
  • 花の中みなおろかなる顔となる
  • 溝流る水音迅しクリスマス
  • 曇天のひくき揚羽を怖れけり
  • 炎暑いまわが家は厠のみ涼し
  • 絹をもて身をつつむ秋きたりけり
  • 障子張るひとりの影をうつすべく
  • 六月の雲あわただし大庇 (「嵯峨野(天竜寺)三句」のうち一句)
  • 水中に滝深く落ち冬に入る
  • 椅子浅く掛けて秋日に診られ居り
  • 秋風にパンのかたちの包み抱く
  • 縁に垂らすわが足大いなる晩夏
  • 旅にて使ふ鮮しき紙幣(さつ)雪の駅
  • ゆでたまご口いつぱいに冬の旅 (詞書・東京行)

 ほんとうに久しぶりだなあ、と思いながら、20句ほど引きました。『女身』に対するイメージはずっとありましたが、たとえば「椅子浅く掛けて秋日に診られ居り」に見られるようなある過剰さは、そのイメージのなかにはなかったように思います。自己を強く意識するゆえに、もの/ことを強く意識するのだと思います。それは、表現に関わる者にとってむろんよいことで、とはいえ、しかし、とも思うのです。
 しかし、と思いながら、「縁に垂らすわが足大いなる晩夏」「ゆでたまご口いつぱいに冬の旅」といった健やかさが、いいなあ、とも思います。そして、今回もっとも惹かれたのは「花ぐもり臓腑おもたき牛あゆむ」の一句です。

 

桂信子句集『女身』(邑書林句集文庫)

[関連事項]
雑記帳113(桂信子句集『草影』−1)
雑記帳569(桂信子句集『草影』−2)
 

■雑記帳604 19/5/3

 昨日、久しぶりに篆刻家・雨人さんのお店「かまくら 篆助」(鎌倉市山ノ内)をお訪ねしました。おそらく、健やかなエネルギーをいただきたかったのだと思います。
落款印:くうせんどうじ(制作:雨人@かまくら篆助) 私の戯号「空蝉童子」をひらがなで彫っていただきました。まったく意識していなかったのですが、雨人さんに制作していただいた落款印は、これでちょうど30個。はじめて「かまくら 篆助」をお訪ねしたのはオープンした2012年2月でしたが、このとき20個目の落款印をお願いしたのでした(雑記帳405)。お店がオープンするまでは、催事でお会いしたり、メールや手紙でやりとりしたりしながら制作をお願いしていましたが、やはりこうして雨人さんご自身のお店でゆっくりお話できるのは、ありがたいことです。
 久しぶりにお会いしたので、ここ2〜3年のことをいろいろお話くださいました。ご苦労も多かったようですが、最近は演劇にも力を注いでおられるようです。今月18日、19日には、劇団小林組のプレ旗揚げ公演「烏賊ホテル」(鎌倉アクターズ富士見町スタジオ:鎌倉市台)が予定されています。次回お会いした時には、演劇のお話をじっくりお聞きしたいと思います。
 彫っていただいた「くうせんどうじ」は、とてもやわらかく、おそらく雨人さんらしいのだと思います。

 
「くうせんどうじ」の印(制作:雨人@かまくら篆助)

制作していただいた印と箱。

 

■雑記帳603 19/5/1

 元号が変わることをあまり意識していなかったのですが、「令」を正しく書けるだろうか、なんて思いはじめると、なんだか落ち着かなくなります。

  • 旅の足ぺんぺん草の中にあり  石田勝彦

 しかし、昨日実家から持ってきた石田勝彦さんの句集『秋興以後』(ふらんす堂、2005年)のページをめくってみると、たとえばこんな一句に出会って、「令」はとりあえず心配しなくてもいいか、とも思うのです。

  • ぐんぐんと霧の降りくる牛の列

 あるいは、こんな一句を見つけて、たしかにそうだ、と勝手に納得したり。つまり、石田さんの俳句のやわらかさのことなのだと思います。

 
 

■雑記帳602 19/4/19

  • 正月もおまへん鹿の悪さには  茨木和生
  • 頼みたる雉の届きし幸木
  • 鳶を持つ男の立てるとんどかな
  • 海鳴りの収まり来たる雪の暮
  • 水槽に鯛が足されて春近し
  • 春の雪仏彫りゐる丸太にも
  • 庭広き農家の日差雛祭
  • 人死ねば空き家の増えて山桜
  • 雷に手ごろな高さ神杉は
  • 杉茸が出て茸どき始まれり
  • 雨粒のときに吹き込む土俵かな
  • 凍滝に行く計画も頓挫せり
  • 壺焼が好きこれまでもこれからも
  • 山高く棲みゐる家の吹流し
  • 廃校とせずに休校草いきれ
  • はらはらとして水遊見てゐたる
  • 皇居へと真直に歩く秋日傘
     
    近江今津
  • 湖の漁は昼まで小六月
  • 上の空なり山桜見てゐても
  • 妻と来しことのある野に青き踏む

 茨木和生さんの句集『潤』(邑書林、2018年)から20句ほど引きました。茨木さんの句集は、日常を大切にしている人のそれ。あらためていうことではないのだと思いますが、やはりそう思うのです。
 「頼みたる雉の届きし幸木」。「頼みたる」が茨木さんらしいのだと思います。頼む。届く。なんでもないようなことですが、ここにある信頼関係が一句を形づくっていると思うのです。そして、こうした信頼が日常を確かなものにしてくれる、そう思うのです。
  最後の2句は、奥様を亡くされたあとの作品。穏やかな作品です。

 

茨木和生句集『潤』(邑書林)

[関連事項]
雑記帳194(茨木和生句集『畳薦』)
雑記帳230(茨木和生句集『椣原』)
雑記帳330(茨木和生句集『山椒魚』)
雑記帳469(茨木和生句集『薬喰』)
雑記帳540(茨木和生句集『真鳥』)
雑記帳555(茨木和生句集『熊樫』)
 

■雑記帳601 19/2/28

  • わが母は墓を思ひて眠れぬと告げつつ薄き雪を掃きをり  黒瀬珂瀾

 「鱧と水仙」第52号(2019年2月)の黒瀬珂瀾さんの作品「雨降る墓へ」30首のなかの一首です。
 とても静かな一連で、ほかにも佳作は多くありますが、ふとこの一首に惹かれました。なんでもないことばの連続ですが、その力を思います。

 
 

雑記帳[61]

608:江畑實歌集『檸檬列島』
607:亀割潔俳句作品(「OPUS」第59号)
606:倉田紘文句集『帰郷』
605:桂信子句集『女身』
604雨人篆刻作品/かまくら篆助
603:石田勝彦句集『秋興以後』
602:茨木和生句集『潤』

601:黒瀬珂瀾短歌作品(「鱧と水仙」第52号)

60 雑記帳 │62│

このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動