Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
雑記帳&告知板
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
俳句工房[ZA]−吉野裕之の俳句と評論の工房
 
 
 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『砂丘の魚』
 
 
 
Yに集うことばたち
吉野裕之歌集『Yの森』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『Yの森』
 
 
 
 
雑記帳[61]
 
都市=まちづくり、NPO=市民活動、短詩型文学(短歌・俳句)、アート・クラフト・デザインなどに関わる雑感を掲載しています。日常のなかのこれらのもの/ことたちは、私たちの思考/試行を楽しく起動してくれます。
 
604雨人篆刻作品/かまくら篆助
603:石田勝彦句集『秋興以後』
602:茨木和生句集『潤』

601:黒瀬珂瀾短歌作品(「鱧と水仙」第52号)

■雑記帳604 19/5/3

 昨日、久しぶりに篆刻家・雨人さんのお店「かまくら 篆助」(鎌倉市山ノ内)をお訪ねしました。おそらく、健やかなエネルギーをいただきたかったのだと思います。
落款印:くうせんどうじ(制作:雨人@かまくら篆助) 私の戯号「空蝉童子」をひらがなで彫っていただきました。まったく意識していなかったのですが、雨人さんに制作していただいた落款印は、これでちょうど30個。はじめて「かまくら 篆助」をお訪ねしたのはオープンした2012年2月でしたが、このとき20個目の落款印をお願いしたのでした(雑記帳405)。お店がオープンするまでは、催事でお会いしたり、メールや手紙でやりとりしたりしながら制作をお願いしていましたが、やはりこうして雨人さんご自身のお店でゆっくりお話できるのは、ありがたいことです。
 久しぶりにお会いしたので、ここ2〜3年のことをいろいろお話くださいました。ご苦労も多かったようですが、最近は演劇にも力を注いでおられるようです。今月18日、19日には、劇団小林組のプレ旗揚げ公演「烏賊ホテル」(鎌倉アクターズ富士見町スタジオ:鎌倉市台)が予定されています。次回お会いした時には、演劇のお話をじっくりお聞きしたいと思います。
 彫っていただいた「くうせんどうじ」は、とてもやわらかく、おそらく雨人さんらしいのだと思います。

 
「くうせんどうじ」の印(制作:雨人)

制作していただいた印と箱。

 

■雑記帳603 19/5/1

 元号が変わることをあまり意識していなかったのですが、「令」を正しく書けるだろうか、なんて思いはじめると、なんだか落ち着かなくなります。

  • 旅の足ぺんぺん草の中にあり  石田勝彦

 しかし、昨日実家から持ってきた石田勝彦さんの句集『秋興以後』(ふらんす堂、2005年)のページをめくってみると、たとえばこんな一句に出会って、「令」はとりあえず心配しなくてもいいか、とも思うのです。

  • ぐんぐんと霧の降りくる牛の列

 あるいは、こんな一句を見つけて、たしかにそうだ、と勝手に納得したり。つまり、石田さんの俳句のやわらかさのことなのだと思います。

 
 

■雑記帳602 19/4/19

  • 正月もおまへん鹿の悪さには  茨木和生
  • 頼みたる雉の届きし幸木
  • 鳶を持つ男の立てるとんどかな
  • 海鳴りの収まり来たる雪の暮
  • 水槽に鯛が足されて春近し
  • 春の雪仏彫りゐる丸太にも
  • 庭広き農家の日差雛祭
  • 人死ねば空き家の増えて山桜
  • 雷に手ごろな高さ神杉は
  • 杉茸が出て茸どき始まれり
  • 雨粒のときに吹き込む土俵かな
  • 凍滝に行く計画も頓挫せり
  • 壺焼が好きこれまでもこれからも
  • 山高く棲みゐる家の吹流し
  • 廃校とせずに休校草いきれ
  • はらはらとして水遊見てゐたる
  • 皇居へと真直に歩く秋日傘
     
    近江今津
  • 湖の漁は昼まで小六月
  • 上の空なり山桜見てゐても
  • 妻と来しことのある野に青き踏む

 茨木和生さんの句集『潤』(邑書林、2018年)から20句ほど引きました。茨木さんの句集は、日常を大切にしている人のそれ。あらためていうことではないのだと思いますが、やはりそう思うのです。
 「頼みたる雉の届きし幸木」。「頼みたる」が茨木さんらしいのだと思います。頼む。届く。なんでもないようなことですが、ここにある信頼関係が一句を形づくっていると思うのです。そして、こうした信頼が日常を確かなものにしてくれる、そう思うのです。
  最後の2句は、奥様を亡くされたあとの作品。穏やかな作品です。

 

茨木和生句集『潤』(邑書林)

[関連事項]
雑記帳194(茨木和生句集『畳薦』)
雑記帳230(茨木和生句集『椣原』)
雑記帳330(茨木和生句集『山椒魚』)
雑記帳469(茨木和生句集『薬喰』)
雑記帳540(茨木和生句集『真鳥』)
雑記帳555(茨木和生句集『熊樫』)
 

■雑記帳601 19/2/28

  • わが母は墓を思ひて眠れぬと告げつつ薄き雪を掃きをり  黒瀬珂瀾

 「鱧と水仙」第52号(2019年2月)の黒瀬珂瀾さんの作品「雨降る墓へ」30首のなかの一首です。
 とても静かな一連で、ほかにも佳作は多くありますが、ふとこの一首に惹かれました。なんでもないことばの連続ですが、その力を思います。

 
 

雑記帳[61]

604雨人篆刻作品/かまくら篆助
603:石田勝彦句集『秋興以後』
602:茨木和生句集『潤』

601:黒瀬珂瀾短歌作品(「鱧と水仙」第52号)

60 雑記帳 │62│

このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動