Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動

 
短詩型文学評論(短歌評論・俳句評論)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
俳句工房[ZA]−吉野裕之の俳句と評論の工房
 
 
 
 
 
黒瀬珂瀾歌集『空庭』書評
 
 
  • 明日は来る(永遠に来ぬ)夏を待つ蝉の蛹の幾万光る

 この美しい一首からはじまる一冊は、五首組、目次などを除いて160ページほどのボリュームをもっている。おそらく700首は収められているだろう。

  • 妹に起こされる朝立つものを慌て隠すも夏の発端
  • カーテンを裸の君が開けはなつ朝のフロアに楼蘭がある
  • 朝は近づけども部屋を雷鳴に包まれ君は辛夷のごとく
  • 春暁にほのぐらく浮く冷蔵庫唸りあげをり鶏卵を抱き
  • わが背丈わづかに越して少年は深夜赤信号を渡り来

 かつ多様な作品群のなかから、たとえばこれら五首を引いてみる。日常と身体の親しさを思う。あるいは、他者と自己との親しさかもしれない。自己の輪郭が心地よく描かれていくことによって、私たちは生のエネルギーを得ていくのだと思う。一首一首の構成の確かさも、大きな魅力である。

 
 

黒瀬珂瀾歌集『空庭』(本阿弥書店)

黒瀬珂瀾歌集『空庭』(本阿弥書店、2009年)
*初出:「短歌研究」2009年10月号
*同誌の書評欄「最近刊歌集・歌書評・共選」のために書かれたものである。
[関連項目]
雑記帳129(黒瀬珂瀾作品:「鱧と水仙」第24号)
 
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動