Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学評論(短歌評論・俳句評論)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
俳句工房[ZA]−吉野裕之の俳句と評論の工房
 
 
 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『砂丘の魚』
 
 
 
Yに集うことばたち
吉野裕之歌集『Yの森』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『Yの森』
 
 
 
横浜・根岸の珈琲専門店
自家焙煎珈琲カフェハンズ−横浜・根岸の珈琲専門店
自家焙煎珈琲
カフェハンズ
 
 
 
痕跡/形跡/記憶/断片
memory collage shirt(un:ten)
memory collage shirt
(un:ten)
 
 
 
 
 
[神奈川の歌枕]
横浜・根岸−ふるさとという場所
 
 
  • あの夏は小さなぼくの手を引いて埋め立ての音響かせている  自作(以下同)

 昭和30年代から40年代にかけて、横浜の海は埋め立てが進んでいた。おそらくぼくの記憶の最初は、埋め立てを進めるボーリングの音だった。夏、遠くにその音を聞きながら、ぼくは母に手を引かれて歩いていた。
 ぼくが生まれ育ったのは根岸。横浜や神奈川という言い方で自分のふるさとをいうこともあるが、やはり根岸に生まれ育ったことが、ぼくには大きな意味があるのだと思う。

  • 一瞬 violet(むらさき)のそら現われ消えたり 轟音、走る 海まで
  • 窓すでにindigoのそら 瓦斯タンク群が立つゆえ海は見えない

 根岸は、東京湾に面した横浜市の東部中央に位置する中区の南端。本牧岬の南、根岸湾に臨む一帯である。ぼくが生まれる前、わが家から海岸まで1分もかからなかったが、いまは石油コンビナートが立ち並び、海は遠くなった。
 埋め立てによって平地は広くなったが、もともとは丘と海に挟まれ細長く、丘の上にはわが国最初の様式競馬場「根岸競馬場」があった。現在は根岸森林公園として整備されているが、ぼくたちはいまでも「競馬場」と呼んでいる。

  • 木立よりトランペットの響きいて 夏、揺れ止まぬ馬のしっぽは
  • ゆく夏のひかりに腕を伸ばしつつ彫像はある草叢のなか

 根岸は魅力的なまちだ。けっして広くはない範囲に丘と平地と海が同居しながら、その襞には、さまざまな時間─歴史や文化─が折り畳まれている。
 白滝不動尊の滝や七曲りの細道をはじめて見た人は、横浜にもこんなところがあるのですね、と驚く。そこには静かに時間が佇んでいる。
 かつて三中(横浜第三中学校)と呼ばれていた横浜緑ヶ丘高校は母とぼくの母校だが、3年間、いまはない米軍住宅地を抜けて通学していた。そこにはアメリカ人の穏やかな日常があった。
 三渓園や八聖殿も近い。ユーミンの歌で有名になった「ドルフィン」は「競馬場」のすぐそば。
 こうしたさまざまな時間が交差しながら、短歌の韻律を育んでくれたのだと思う。

 
[引用作品]

1首目:『Yの森』(沖積舎、2011年)所収、2〜5首目:『空間和音』(砂子屋書房、1991年)所収

 
 
根岸森林公園 根岸競馬記念公苑(馬事公苑) ドルフィン
(左)根岸森林公園の入り口に立つ彫刻「鳥を呼ぶ」(加藤昭男作)。
(中)森林公園に隣接する根岸競馬記念公苑(馬事公苑)では、馬たちがやさしく迎えてくれる。
(右)「ドルフィン」は森林公園のすぐそば。
白滝不動尊 不動滝 七曲り
(左)白滝不動尊。本尊・不動明王立像は、境内の懸崖の中段にあった井戸のなかから出現したという伝説がある。この不動尊を信仰するする人びとは、遠く房総や三浦まで広がり、付近には明治中頃まで茶屋や旅籠が軒を並べていたという。
(中)不動滝。かつては高さ20m、幅5mの見事な飛瀑だったが、水量はずいぶん減ってしまった。
(右)七曲り。鬱蒼と茂った木々のあいだを細い階段が続く。通った小学校、中学校、高校は丘の上にあったので、七曲りは子どもの頃からとても親しい。
遊歩道のサイン 遊歩道のマップ 海は遠くなった
(左・中)中区では緑と洋館をめぐる遊歩道のコース(「緑と洋館の巡り道」)を設定している。
(右)丘の上から見た根岸湾。海は遠くなった。
立入禁止! 米軍第5消防署 本牧のコンテナ
(左)米軍施設のフェンスに取り付けられた立入禁止の札。「警告」と書かれていても、不思議と威圧的な感じがしない。子どもの頃から見慣れているからかもしれない。
(中)米軍第5消防署。看板には「LEARN NOT TO BURN 確認しよう火の始末 FIRE STATION No.5」とある。
(右)根岸から本牧は近い。本牧を代表する風景ではないかもしれないが、こんな風景が好きだ。
*初出:「神奈川県歌人会会報」第34号(2008年9月)
*本稿は、同紙のシリーズ「神奈川の歌枕」のために書かれたものである。
[関連項目:自作をめぐるエッセイなど]
曖昧な船−私を変えた一首
白熊−動物の歌
薔薇−夏が来れば思い出すとっておきの季語
梅雨の眉−わたしの一句
都市──私=世界を起動するもの
[関連項目:横浜・根岸について]
雑記帳469(「根岸の富士見石」)
 
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動