Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学評論(短歌評論・俳句評論)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
 
 
 
−夏がくれば思い出すとっておきの季語−

薔薇

(祖母の薔薇、学生時代の薔薇、アンネの薔薇)

 
 

 とっておきの季語が薔薇、といったら意外だろうか。誰でも知っている植物だから、平凡と思う人も多いかもしれない。生まれ育った横浜市の花(平成元年制定)でもあるが、それ以前から私にとって大切な花だった。
 祖母が赤い薔薇を育てていた。小学生だった私は、教卓に飾ってもらうためにときどきその花を剪ってもらった。毎年たくさんの花を咲かせてくれるのがうれしかった。

  • 今朝の薔薇すでに剪られてゐたりけり

 古いノートには、昭和61年5月13日の日付がある。俳句をはじめてちょうど一年の頃。大学院生だった私は、朝、アパートの近くで見事に咲いた薔薇を見て大学に向かったのだが、午後にはもう剪られていて、その感情をうまくいえなかったが、一瞬のうちにこの一句ができた。句会に提出すると、師・今村俊三はとても褒めてくれた。なぜいいのかよくわからなかったが、うれしかった。
 講座を担当するフェリス女学院大学には「アンネのバラ」という品種が美しい花を咲かせる。そこには園芸家ヒッポリテ・デルフォルへ氏の平和への願いが込められている。蕾のときから、赤、黄、ピンクと色を変えていく姿はなかなか一句にできないが、だからこそこの花と過ごす時間が楽しい。

 

アンネのバラ(Souvenir d'Anne Frank)

アンネのバラ(Souvenir d'Anne Frank)
 
*初出:「俳句文学館」2013年6月号
*本稿は、同紙の企画「夏がくれば思い出すとっておきの季語U」のために書かれたものである。
本稿は、「俳句文学館」2013年6月号に掲載されたものとは異なっている。原作はこのページに掲載したものであり、同紙に掲載されたものは、執筆者の意志とは別に加除修正されたものである。
[関連項目:自作をめぐるエッセイなど]
梅雨の眉−わたしの一句
白熊−動物の歌
曖昧な船−私を変えた一首
未来の記憶のためのまち
横浜・根岸−ふるさとという場所
 

 

© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動