Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
主な著書
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
俳句工房[ZA]−吉野裕之の俳句と評論の工房
 
 
 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』(カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『砂丘の魚』
 
 
 
ことばの力を
静謐な思考の流れを
選集『セレクション歌人「吉野裕之集」』(発行:邑書林 装幀:間村俊一 装画:北見隆)
セレクション歌人
『吉野裕之集』
 
 
 
 
■歌集『Yの森』のご案内
 
歌集『Yの森』は、1996年から1999年に制作した作品を中心とする390首で構成されています。『博物学者』と『ざわめく卵』の間に位置する作品群であり、年齢としては30代後半のものです。
ちょうど30代後半に入った樋口賢太郎さんが、とてもユニークな、かつ洗練されたカバーデザインで一冊を支えてくださいました。
 
 
Yに集うことばたち
「短歌は、千数百年の歴史のなかで鍛え上げられてきた五七五七七を基本とした音数律の詩。そのしなやかさとしたたかは、現代文学のひとつの領域であるとともに、現代アートとして大きな役割を担っている。
 あなたは何を引き受けているのか。この問いに対して、常に自然体で応えていくこと。その積み重ねが、短歌を現代アートとして機能させるための基本ではないか。つまり、開いていること。」
(「あとがき」から)
 
[20首抄]
さやさやと流れるものの後を追う涙と気づくまでのしばらく
君からの花信のようなやさしさ/さみしさで幼き彼にことばを選ぶ
そしてまた違いを述べる父さんの肩にふわりと風が来ている
ゆっくりと深まってゆく秋のなかホテルというは曖昧な船
鹿が来て微笑みながら横切ってゆく夢を見た朝の諍い
大風に運ばれている君たちよ鞄のなかを確かめてみよ
みずからを小さな箱にしまいたり諦めという果実を抱いて
一頭の馬に喩えて終わりたる議論もありぬ去年の冬は
マナティの見る夢よりもやわらかなきみの世代の思考をおもう
永遠と書かれた横に置かれいる〈とは〉のようなる父の眼鏡は
鯉ほどの大きさの嘘肩に乗せ君はゆきたり部長の部屋に
鴉より優雅に羽根を踊らせる若き指揮者は大陸生まれ
版元を信じて買った三冊を鞄に入れて駅に着きたり
比喩でしか語れぬことを考えているmarronnierの並木を歩き
リモネンといえばわたしの学歴を探るだろうかドッペンハルハ
胡座とは遠い岬に降る雨のやさしき音を集める姿勢
春雷とことばにすれば春雷らしく遠くで鳴りぬ
夕ぐれに小さな約を果たしたる満足を抱き君は帰りぬ
たっぷりと歳月を抱くテーブルを挟んで人と向かい合いおり
対話する樹々の向こうに吊られいることばではないものたちが見ゆ
 
 

吉野裕之歌集『Yの森』(カバーデザイン:樋口賢太郎)

[概要]
発行:沖積舎
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-10
T:03-6261-1311 F:03-6261-1312
発行日:2011年12月9日
カバーデザイン:樋口賢太郎(すいせい
体裁:A5判186ページ
定価:本体2800円+税
印刷:ダイメープリント+互恵印刷
製本:清水製本
※参考:
「一首鑑賞*日々のクオリア」(2012/1/20)
砂子屋書房のサイト。石川美南さんが鑑賞をしてくださっています。
「食器と食パンとペン」(2013/7/24)
「食器と食パンとペン」(2014/6/11)
安福望さんのブログ。安福望さんが絵を添えてくださっています。
2014/6/11の一首は、『食器と食パンとペン わたしの好きな短歌』(キノブックス、2015年)に収録。
「存在しない何かへの憧れ」
工藤吉生さんのブログ。工藤吉生さんが鑑賞をしてくださっています。

その他に、『ぼくの短歌ノート』(穂村弘さん、講談社、2015年)、「週刊置賜」第1605号(12年2年11日)(大下一真さん)、「短歌」12年3月号(上村典子さん)、「短歌研究」12年3月号(浦河奈々さん)、「短歌研究」12年4月号(穂村弘さん、田中綾さん、大塚寅彦さん)、「星座」第61号(12年4月)(三浦柳さん)、「うた新聞」12年月号(嵯峨直樹さん)、「短歌往来」12年6月号(高尾文子さん)、「歌壇」12年6月号(間ルリさん)、「エル・ジャポン」13年1月号(幅允孝さん)などでもご紹介いただきました。ありがとうございました。

歌集『空間和音』:1985年〜1990年(415首)
歌集『博物学者』:1991年〜1995年(411首)
歌集『Yの森』:1996年〜1999年(390首)
歌集『ざわめく卵』:2000年〜2004年(333首)
歌集『砂丘の魚』:2005年〜2009年(374首)
選集『セレクション歌人「吉野裕之集」』:1985年〜2007年(500首)
※収録作品の制作期間および収録作品数
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動