Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
主な著書
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
俳句工房[ZA]−吉野裕之の俳句と評論の工房
 
 
 
 
■選集『現代短歌文庫167「吉野裕之歌集」』のご案内
 
砂子屋書房のシリーズ「現代短歌文庫」の一冊。

短歌作品は、『ざわめく卵』全篇に『空間和音』『博物学者』『Yの森』『砂丘の魚』の抄出を加え約700首、歌論・エッセイは約50枚、解説は7名の方の約50枚を収めています。

 
 
[目次]
短歌
歌集『ざわめく卵』(全篇)
歌集『空間和音』(抄:200首)
歌集『博物学者』(抄:60首)
歌集『Yの森』(抄:60首)
歌集『砂丘の魚』(抄:60首)
歌論・エッセイ
日常と身体──五月のある休日に考えたこと
ゆったりとゆったりと──松平修文歌集『トゥオネラ』
もう愛や夢を──枡野浩一歌集『てのりくじら』
気泡の如き──筒井富栄歌集『未明の街』
意志の厳しさ──『バルサの翼』『廃駅』『日々の思い出』をめぐって
静かなる書庫──加藤克巳追悼
ぼくの住む町
解説
風景の向こうに 内藤 明
ぼくが知らない約束がある 喜多昭夫
余白の生成──歌集『ざわめく卵』 山田富士郎
空気の音色──歌集『空間和音』 加藤治郎
吉野裕之 または、縮小する世界で我に返る歌 東郷雄二
やさしき音──歌集『Yの森』 上村典子
風景と余白――吉野裕之論 阿波野巧也
 

選集『現代短歌文庫167「吉野裕之歌集」』(発行:砂子屋書房)

[概要]
発行:砂子屋書房

〒101-0047 東京都千代田区内神田3-4-7
T:03-3256-4708 / F:03-3256-4707

発行日:2022年4月2日

装幀:三嶋典東
体裁:四六判並製
定価:本体1700円+税
※購入をご希望の方は、砂子屋書房のサイトからお願いします。
※参考:
「大井恒行の日日彼是」(2022年5月3日火曜日)
大井恒行さんのブログ。大井恒行さんが一冊をご紹介してくださっています。
「一首鑑賞*日々のクオリア」(2022/5/3)
砂子屋書房のサイト。山下翔さんが『ざわめく卵』所収の一首の鑑賞をしてくださっています。
「暦日夕焼け通信」(2022/5/31)
恒成美代子さんのブログ。恒成美代子さんが『空間和音』『ざわめく卵』を中心に鑑賞してくださっています。

その他に、「日本農業新聞」22年5月10日の「おはよう 名歌と名句」(大辻隆弘さん)、「読売新聞」22年6年20日朝刊の「四季」(長谷川櫂さん)、「努(ゆめ)」第168号(22年7月)(小山森生さん)などでもご紹介いただきました。ありがとうございました。

歌集『空間和音』:1985年〜1990年(415首)
歌集『博物学者』:1991年〜1995年(411首)
歌集『Yの森』:1996年〜1999年(390首)
歌集『ざわめく卵』:2000年〜2004年(333首)
歌集『砂丘の魚』:2005年〜2009年(374首)
選集『セレクション歌人「吉野裕之集」』:1985年〜2007年(500首)
選集『現代短歌文庫「吉野裕之歌集」』:1985年〜2009年(713首)
※収録作品の制作期間および収録作品数
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動