Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
雑記帳&告知板
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
俳句工房[ZA]−吉野裕之の俳句と評論の工房
 
 
 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『砂丘の魚』
 
 
 
ことばの力を
静謐な思考の流れを
選集『セレクション歌人「吉野裕之集」』(発行:邑書林 装幀:間村俊一 装画:北見隆)
セレクション歌人
『吉野裕之集』
 
 
 
フェリス女学院大学
オープンカレッジ

俳句創作講座 - フェリス女学院大学オープンカレッジ

俳句創作講座
 
 
 
 
雑記帳[58]
 
都市=まちづくり、NPO=市民活動、短詩型文学(短歌・俳句)、アート・クラフト・デザインなどに関わる雑感を掲載しています。日常のなかのこれらのもの/ことたちは、私たちの思考/試行を楽しく起動してくれます。
 
573:佐伯紺短歌作品(「羽根と根」通巻5号)
572:鳥居短歌作品(「日向」第29号)

571:藺草慶子句集『櫻翳』

■雑記帳573 17/5/21

  • この部屋で死んだら発見者は何を避けて何なら踏むんだろうか  佐伯 紺
  • ひどい雨がひどいわたしをひるがえしきっといらないものばかり買う
  • 暴力的に照った水面を夢にみてそのまぶしさが連れてきた朝
  • 向かい風受けた上着がふくらんで無遅刻無欠勤に向かって
  • 酔って記憶をなくすタイプの友だちがくれた新幹線のチケット
  • 夏が去って夏じゃなくなるほんとうに呼んだらほんとうに来てくれる?
  • 温厚というより怠惰 噛み砕く氷 ことばにならないぶんの
  • どうにかなる日々をどうにかめちゃくちゃな量のごはんを作って食べる
  • ひからびたハムがかわいい これを生活と呼ぶならたのしく生きる
  • 忘れたら思い出すだけ どの鞄にも入れっぱなしのハンドクリーム

「羽根と根」通巻5号 「羽根と根」通巻5号(2016年11月)の佐伯紺さんの作品「いつでも急な雨に備えて」47首から引きました。
 同誌は学生短歌会の会員を中心に創刊された同人誌。今号では新しい参加者4名が加わり、計10名のメンバーが作品を寄せています。
 同人紹介のページで、生年を記載しているのは8名ですが、1990年〜1993年とあります。つまり、皆さん20代半ば。ちなみに、佐伯さんは1992年生まれ。20代半ばの人がこの文体をもち、この完成度の高さをもっていることが、とても心地いいなあ、と思います。おそらく、いくつかの意味で、きちんと繋げようとしているのだと思います。その意志が、この文体とこの完成度を支えているのではないか、そう思うのです。さらにいえば、日常というもの/ことへの敬意が、作品の豊かさとなっているのだとも思います。

 

■雑記帳572 17/5/18

  • 街はいま斧振り下ろすちよくぜんの謐けさに陽のひかり浴びをり  鳥居
  • あらびあの数字はくづれやすくして春の手帳に積まれてゐたり
  • あをぞらに立てし梯子を降りるもの降ろさるるものなき昼下がり

 志垣澄幸さんの個人誌「日向通信」第29号(2017年5月)の招待作品は鳥居さんの「きさらぎ駅」10首。3首だけ引きました。
 骨格の確かな作品です。韻律、表記、内容。それぞれにバランスされた美しさ。短歌という詩型に関わっている喜びが伝わってくる、そんな作品です。
 短歌は、いつも危うさに親しくあります。

 

■雑記帳571 17/4/27

  • あらがふとなく大風の濃紅梅  藺草慶子
  • 水に浮く椿のまはりはじめたる
  • くわんおんの千手ゆるびし春の闇
  • 家を出て家を見やりぬ露の秋
  • けさ冬の机の影が椅子の上
  • 海鳴にたたみて厚き蒲団かな
  • たましひも入りたさうな巣箱かな
  • おんおんと藤房に昼来てをりぬ
  • 黒板に数式のこる春の雪
  • 目つむれば何もかもある春の暮
  • 水底のすみずみに日や年詰まる
  • 早起きの母の引きたる草匂ふ
  • ひとかかへ運ぶリネンや夏館
  • 抽斗の中へ日のさす秋彼岸
  • かき氷叱られながら食べてゐる
  • 星涼し抜けばワインの栓太る
  • 向日葵や人老いてゆく家の中
  • 日を舐めて蠅の動かぬ氷かな
  • 海の砂つけて戻りぬ寒稽古
  • 遠くへは行けねど父や水温む

 藺草慶子さんの句集『櫻翳』(ふらんす堂、2015年)を読み返しながら、やはりうまい作家だなあ、とあらためて思ったのでした。ひらがな表記の効果や季語の斡旋の巧みさなど。それはゆったりとしていて、しかしある重さを持っています。<雑記帳568>で、厳しさや激しさについて記しました。それらは、ここでいう重さに繋がっているのだと思います。
 「水底のすみずみに日や年詰まる」。この透明感も大きな魅力です。

 

藺草慶子句集『櫻翳』(ふらんす堂)

雑記帳[58]

573:佐伯紺短歌作品(「羽根と根」通巻5号)
572:鳥居短歌作品(「日向」第29号)

571:藺草慶子句集『櫻翳』

57 雑記帳 │59│

このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動