Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学作品(短歌作品・俳句作品)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
このサイトについて
サイトマップ
 
 
 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『砂丘の魚』
 
 
 
 
 
短歌作品近作20首抄
 
 
 
郵便という方法がはじまって私たちの春の大空
この夜は月光すると思っている小さなことにこだわっている
祖母がいた頃の庭には雨が降るたびに小さな人が踊った
うぐいすの声の粒々降って来るベランダにいてふたりと思う
きらきらとしている人に聞いてみるK駅に着くまでの時間
見晴らしのよい場所がある君たちに教えてあげる/もらう夏の一日
椅子のような議論とおもう犀の目のやさしさフランスパンのさみしさ
夕焼けは手を離すとき正しさを主張している
ぼくたちのアパートメントにもいたがやがて去りたり雲の向こうへ
置き去りにされたといって泣いている童子野分のあとのバス停
田町にて飲むコーヒーは久しぶり秋雨ということばを思う
葡萄来てやわらかに笑むこの人が妻なのだろうおそらくずっと
しばらくは電車を待っている人となってしばらく空の下にいる
低音の女声がやって来ていいぬ大丈夫ですあなた方なら
静かにことが運ぼうとしているときの美しさ人体のようなり
アマリリスに少し興味を持ちはじめ大風の日のことを語りぬ (詞書:母は)
旅先で考えていたこと三つそのうちのBはらはら散った
国家といって家鴨といってはにかんだ青年がいる夏至が近づく
心づくまで待っている教室に風過ぎてゆく梅雨のある日の
あたたかき雨といいたりその声の終わり方こそあたたかき雨(それ)
 
この作品の作者はすべて吉野裕之です

俳誌「桃子集」に今村俊三の俳句をめぐる連載をお願いされたのは、2014年の夏からでした。「桃子集」は、俊三の主宰誌「桃滴舎」の終刊後、残された会員が創刊した季刊雑誌。原稿料はなし、という約束でしたが、M編集長は、申し訳ないので、とおっしゃり、秋になると福岡から葡萄を送ってくださいました。そのあまりのおいしさに、葡萄って、こんなにおいしいんだ、と思ったのでした。そして翌年も、そしてその翌年も、M編集長は、おいしい葡萄をお届けくださいました。「葡萄来てやわらかに笑むこの人が妻なのだろうおそらくずっと」。一首は妻を素材にしていますが、さまざまな人とのつながりが主題なのだと思います。

(2018.3.28)
短歌:近作20首  短歌:季節別作品
俳句:近作20句  俳句:季節別作品
 
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動