Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学作品(短歌作品・俳句作品)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
このサイトについて
サイトマップ
 
 
 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『砂丘の魚』
 
 
 
 
 
短歌作品近作20首抄
 
 
 
フラスコに桜はなびら満ちてゆく時間と思う君の沈黙
いろいろな人が歩いて来る窓が目の前にある幸福のよう
もうないと教えてくれるメールありしろがね色のそのphotograph
ちぐはぐに会話が進むマロニエが遠くにあった日の朝のよう
教卓に積まれてゆけばA4のペーパーはマシュマロになりたり
花の芽とやわらかにいうもう一度いうそこにあるひかりを指して
副作用が怖いといって飲まなかった白いかたちが膨らんでいる
Yという名前のまち/ぼくは育ちつつ時のあわいを**が過ぎゆく
雲を連れ幸せそうに帰ってきたプラムを買いにいったる妻が
ほんとうのことをいいたり目の前の人に見つめられたり
夕暮れに老人がいて歩いている菜の花いろの鞄を提げて
カルボキシメチルセルロースのことを忘れていたがバスがやって来た
くろがねの昆虫学をめざしたる教養課程ありかの人に
泣いたってしかたがないということの雲を見ているうちに過ぎたり
梅の実をふたつ拾ったそれだけの午後父いなければ大きな椅子
整えてある七月を待っているすこし親しくなった二人は
老鶯とはじめて聞いた日があったはずだけどあの日だったろうか
木槿咲くまでの時間を母といて思いおりまだ小さな人を
ノートには意味の解らぬフレーズがある当然をきみは知らない
たくさんの人が幸せこのまちはふんころがしという虫がいて
 
この作品の作者はすべて吉野裕之です

子どもの頃から理科が好きで、大学は農学部で化学を専攻しました。向いていないと理解したのは修士課程2年のときでしたが、フラスコやカルボキシメチルセルロースといったお世話になったものたちの力をまだ借りることがあります。あるいは、老鶯ということばを知ったのは、俳句をはじめてしばらくしてからのこと。
そう、50代になり、若かった頃のことを懐かしんでいるだけなのかもしれません。

(2016.9.3)
短歌:近作20首  短歌:季節別作品
俳句:近作20句  俳句:季節別作品
 
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動