Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学作品(短歌作品・俳句作品)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
このサイトについて
サイトマップ
 
 
 
現代俳句名句選−俳句工房[ZA]
現代俳句名句選
 
 
 
 
 
俳句作品近作20句抄
 
 
 
走り梅雨古書ほうろうと呟けば
六月の空気を提げて妻の腕
きらきらとチッキありけり額の花
昼顔のつぼみのごとき手紙来る
梅雨空の挨拶ひとつ腑に落ちぬ
この眼つきこそ七月の青年の
木の卓に秋の論理の美しく
十月のゼブラゾーンのまなまなと
新しく秋の日暮のありにけり
はつふゆのドアを開ければ段ボール
喉彦を大切にせよ冬の空
ほどかれて小春日和となりにけり
一合に時間をかけて冬のこと
男らのさみしき耳や十二月
香ばしいパンかもしれぬ冬日和
しまはれて冬の手紙となりにけり
遠くまでよく見える日の花八ッ手
かさぶたが大きくなつてゐる師走
信じればいいのに裸木のごとく
なつかしい声なつかしい冬日和
 
この作品の作者はすべて吉野裕之です

ふと気づけば、お彼岸です。ベランダの目高の甕のホテイアオイも、夏のようすではなく、たしかに茶色が目立ち、秋です。東向きのベランダなので、甕に日が当たるのは午前の数時間。日光不足のようで、今年もホテイアオイの花を見ることはできませんでした。それでも目高は元気で、春に生まれた子たちは、すっかり大人です。

(2016.9.19)
短歌:近作20首  短歌:季節別作品
俳句:近作20句  俳句:季節別作品
 
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動