Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学作品(短歌作品・俳句作品)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
このサイトについて
サイトマップ
 
 
 
現代俳句名句選−俳句工房[ZA]
現代俳句名句選
 
 
 
 
 
俳句作品近作20句抄
 
 
 
連翹に近寄ることの恐ろしく
各々に椿が落ちて雪の上
鶸色のまま雛の日を過ごしけり
足伸ばすことの静かさチューリップ
八重桜らしくなつたとひとりごと
煙突の向かふの寺や夏はじめ
君たちの声大きくて薔薇の前
初めての梅の実といふやはらかさ
谷中から手紙来てゐる冷奴
降り出して走るふたりや蛞蝓
たとへばが約束となる九月かな
午過ぎは大きな時間秋の貨車
秋の日のために小さな椅子がある
葡萄来る正しく箱に収められ
一冊にあまたのことば鰯雲
冷やかに空気ありけり石の上
美しいこと考へる冬日向
ラフレシアみたいな声が冬の人
白線の後ろに立つて冬日和
そこにゐて小さな声や春隣
 
この作品の作者はすべて吉野裕之です

間もなく元号が変わります。大学院の修士課程を終えたのが昭和62年。福岡で社会人になり2年働き、体調を崩し、平成になった年のちょうど今頃、横浜に戻りました。戻った翌日、庭に咲いていたダッチアイリスを切って、部屋に飾ったのを覚えています。
横浜で生まれ育った私が、昭和の最後の8年を福岡で過ごし、最後の2年を俳句の師・今村俊三のもとで過ごし、あれから30年が経ったのだと思うと、なんだか不思議な気持ちになります。
私が入門したとき、修三は57歳。昭和36年生まれの私は、現在57歳。なんだか不思議な気持ちになります。

(2019.4.26)
短歌:近作20首  短歌:季節別作品
俳句:近作20句  俳句:季節別作品
 
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動