Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学作品(短歌作品・俳句作品)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
このサイトについて
サイトマップ
 
 
 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『砂丘の魚』
 
 
 
 
 
[季節の短歌]
夏 (初夏/仲夏/晩夏)
 
 
 
若き川を溯りゆく魚にて書物を孕むような勢い
一匹の蜂が静かに入ってきてわが読む書(ふみ)を見下ろしている
右肩をポンと叩いたそこにいてそこから消えてしまった君の
豚のようにやさしい眼(まなこ)豚のように激しいことば ま向かっている
麦秋の、その韻きから広がってゆくイメージの 抱(いだ)く時間
はじめてのきみの仕草と万緑の立ちゆくさまと 神が見ている
さやさやと流れるものの後を追う涙と気づくまでのしばらく
くろがねの梅雨が近づく公園に男は縄を積み上げてゆく
六月のカステラの黄のやわらかさ肯うようにフオク刺しいつ
ほおずきと一緒に帰ってきた妻が昨日の夢について語れり
asanagiというアドレスを持つひとに会うために来て松江を歩く
空は夏の匂いを残し暮れゆけりあまやかなれば家族の時間
打ち水に虹立つときを男が来て母へやさしきことばをくれる
待つことになってもいいというきみの肩の向こうにかなかなは鳴く
夏の樹のほとりに立っている人に父さんと呼び近づいてゆく
ぼくの名が調べられたる気配あり砂鉄のような気配とおもう
蝉退を集めるさまをまざまざと立ち上げる背な調剤室に
青年が住む街区にていくつかの問題がある空のことなど
ダアリアが花を咲かせるかたわらを影を乗せたる自動車が過ぐ
ゆっくりとやって来るものおそらくはその名を発語せぬままに待つ
 
この作品の作者はすべて吉野裕之です
短歌:近作20首  短歌:季節別作品│夏│
俳句:近作20句  俳句:季節別作品
 
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動