Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学作品(短歌作品・俳句作品)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
このサイトについて
サイトマップ
 
 
 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『砂丘の魚』
 
 
 
 
 
[季節の俳句]
冬 (初冬/仲冬/晩冬)
 
 
 
立冬の影を掴んで立ち上がる
いつぽんの鉄の重さの枯木かな
弓なりに風の来てゐる冬の家
波郷忌の近づく町に戻りけり
画学生からのメールやシクラメン
片方が残されてゐる師走かな
鮟鱇やブラックホールのごときもの
一升の薬酒づくりも年用意
湯の中に豆腐の影のありにけり
口々に木立のことを冬の客
除夜の妻ホイッスル吹くごと笑ふ
雪の墓地雪の東京タワーかな
鯛焼きの頭の方が今年かな
寒鯉の背骨折らるるごとき日ぞ
役場までゆくバスに乗る冬田かな
 瑞泉寺の
住職の顔大きくて日脚伸ぶ
冬日和動物園にゐるやうな
ほんほんと雪ほんほんと母のこゑ
一月の夕日来てゐる駅舎かな
はるかより来て風花となりにけり
 
この作品の作者はすべて吉野裕之です
短歌:近作20首  短歌:季節別作品
俳句:近作20句  俳句:季節別作品│冬
 
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動