Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学評論(短歌評論・俳句評論)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
俳句工房[ZA]−吉野裕之の俳句と評論の工房
 
 
 
 
 
現代短歌作品鑑賞/土岐善磨
 
あなたは勝つものとおもつてゐましたかと老いたる妻のさびしげにいふ
土岐善磨(歌集『夏草』)
 
 

 土岐善磨。享年九十五歳で没したこの歌人の魅力をひとことで語るのは難しい。

・Kimi omou kokoro ni niru ka,−
 Haru no hi no,
 Tasogaregata no honokeki akarusa!

 ローマ字綴り三行書きの歌集『NAKIWARAI』(明43)を出発点に、彼の作品は常に変化を繰り返していった。

・指をもて遠く辿れば、水いろの
 ヴォルガの河の、
 なつかしきかな。
・動くなとここにすゑられてしまつたままの恐ろしい退屈さ
・いかに戦ひいかに勝ちいかに敗れしか慄然としてはじめて知りぬ

 第二次対戦直後までの作品をあげたが、形態的な変化だけでなく、その内容の変化も大きいことにすぐに気がつく。この変化が、彼の魅力をひとことで語ることを難しくしているのだが、逆にこのことが、彼の大きな魅力なのだと思う。
 掲出の作品は歌集『夏草』(昭21)の一連「会話」の一首で、ほかに次のような作品が並んでいる。

・子らみたり召されて征きしたたかひを敗れよとしも祈るべかりしか
・いくたびか和平のときをこばみつつ敗れてつひに悪を遂げたり
・ふとしては食後の卓におしだまり澄みゆく朝の空を仰ぐも

 この静かな語り方はなんだろう。知的でありながらもうねるような変化を繰り返してきた彼が、ふっとつぶやくように語る、そのありよう。「あなたは勝つものとおもつてゐましたかと老いたる妻のさびしげにいふ」。淡々と平明に紡がれることば。われわれはここに、彼の思考/志向/試行の確かさを読み取るべきだろう。ひとりの生活者として語ることば。彼は、生活者のことばの強さを知っている。そのしたたかさとしなやかさを。
 生活者とは生活の現場に身を置き、生活に真向かっている者。そこにあるのは理屈ではなく、個別 の実感である。彼のことばが掴んでいるのは、まぎれもなくその実感である。
 歌集『夏草』は、また次のような佳作を収めている。

・宵早くひとまに衾しきつめて眠りつくまをしばし語るも
・鉄かぶと鍋に鋳直したく粥のふつふつ湧ける朝のしづけさ
・百姓の五郎おやぢがいふままに茄子の苗を植う胡瓜の苗を植う
・外套のボタンがひとついつのまにもぎとられゐる夜路寒々し

 
 
■土岐善麿(ときぜんまろ:明治18年〜昭和55年)
「僕は一人の弟子ももたず、結社もつくらない。芸術において作品行動に孤行独住する態度は、人間として社会性を持たないことではなく、むしろ社会人として自己の厳粛さをたもつゆえんである」。『対話抄』(昭和21年)に収められた土岐善麿のことばである。
早稲田大学英文科に進み、島村抱月に師事。窪田空穂の第一歌集『まひる野』に感銘を受け、同級の若山牧水とともに作歌に励んだ。
戦前、自由主義者として攻撃を受けたこともあって、一時歌壇を離れたが、戦後は再び精力的に作歌に取り組んだ。同時に、ローマ字運動やエスペラントの普及につとめ、国語審議会会長として国語国字の基礎確立に尽くし、また戦中の研究成果『田安宗武』によって、昭和22年、学士院賞を受賞、同年より窪田空穂の後を受け、母校・早稲田大学で上代文学を講じた。なお、駅伝の名付け親でもある。
 
*初出:「個性」(2001年1月号)
*本稿は、同誌のシリーズ「現代名歌鑑賞」(2000.11〜2001.5)のために書かれたものである。
[現代短歌作品鑑賞]
斎藤茂吉  釈 迢空  山崎方代  筒井富栄  岡井隆  佐佐木幸綱
 
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動