Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学評論(短歌評論・俳句評論)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
 
 

俳句創作講座 - フェリス女学院大学オープンカレッジ

俳句創作講座
 
 
 
 
 
今村俊三の俳句をめぐって
空蝉庵雑記[8]−句集『樫のほとりに』
 
 
今村俊三の俳句をめぐる雑文。俊三が主宰した「桃滴舎」を継承する「桃子集」の連載の8回目です。
 
 

 句集『樫のほとりに』(昭和54年)は、昭和51年秋から54年梅雨までの作品を収めた一冊。
 日常が日常としてあること。それを確認し、肯定していくことが俊三の俳句。病を抱えながら、空間的に限られた範囲でそれを実践していく。

  • 珈琲濃しきのふは河豚を喰つて寝て  俊三
  • 杉は錆び樫はねむれり建国日
  • 良夜なほ妊婦もはげむ理髪店
  • 短日や老母身重に似て椅子に
  • 初景色屋根屋根櫂もなく浮ぶ

 この句集の時代から、すでに40年が経った。しかし、昨日のことのように思えてならない。遠い昔のはずなのに、つまりそれだけ親しいということなのだろう。おそらく、社会と〈私〉とが無理のない関係を保っていたのだ。そう、〈私〉がゆったりと身体を置くことができていたのだ。

  • 冬へ裸婦もつとも大き遺作展
  • 橋で荷をととのへ春の屑買婦
  • どの顔も驟雨のあとのメーデー歌

 遺作展。屑買婦。メーデー歌。ひとりよがりかもしれないが、たとえばこんな作品に、この時代のよさを思う。明るさと暖かさ。それがなんだかとてもうれしい。

  • 寺見えてはるかよりこゑ法師蝉
  • 枯芙蓉雲はひかりを放ちけり
  • 着膨れて標的のごと背を向けぬ

 そしてこんな作品。ことばの張りとイメージの鮮明さは、今のそれだと思う。すこし多いかと思う素材は、構図の確かさが捌いている。

 
*初出:「桃子集」第95号(2016年4月)
[空蝉庵雑記]
│8│101112
[関連サイト]
今村俊三作品選 - 俳句工房[ZA]
 
 
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動