Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学評論(短歌評論・俳句評論)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
短歌俳句作者索引
 
このサイトについて
サイトマップ
 
 
 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』(発行:沖積舎 カバーデザイン:樋口賢太郎)
歌集『砂丘の魚』
 
 
 
 
 
誇りと自信が形づくる韻律−嵯峨直樹歌集『半地下』
 
 
私たちの身体は、常に世界と共振しています。嵯峨直樹さんは、その現場を確かに捉えています。つまり、「半地下」とはそのための装置。
 
 

 歌集を読むとき、私たちは惹かれた作品にチェックを付けながら読んでいく。しかし、嵯峨直樹の一冊は、それを拒む。

  • 人生に陥没地ある人びとが集いて寂しく栄えていたり

 嵯峨は、一冊の巻頭にこの一首を置く。ああ、と思う。誇りと自信がその韻律を形づくっている。師である岡井隆について、嵯峨は「私の歌作りの土台であり、環境である岡井隆先生からは多大なる刺激を受けている」(あとがき)と記す。この穏やかさと激しさが、嵯峨の「らしさ」なのだと思う。

  • 瓶の底に白い輪残し消えた人 台所にはさかなの匂い
  • 定年を迎えた人が散歩する腹の汚れたスピッツ連れて
  • 親戚の有限会社の駐車場の雪に無数の轍かさなる

 口語は、構造に襞や肌理を作りにくい。嵯峨の口語は、日常のなにげない出来事を微かに揺らし、そう、いわば現実を虚構へ架橋することによってそれらを生み出し、一首を刺激的に、そしてそれが心地よく、一連を、一冊を組み立てていく。

  • 幻の町の夕ぐれ人々が汗ばみながら坂を下りくる
  • ベビーカー向こうの闇より現れて赤子の手足細かく揺れる
  • 雨の降る見込みのはずが引き摺って帰ってきたり大き蝙蝠

 私たちの身体は、常に世界と共振している。「汗ばみながら」「細かく揺れる」「引き摺って」。嵯峨は、その現場を確かに捉えている。「半地下」とは、そのための装置なのだ。だから、一首一首の作品にチェックを付けることを拒む。つまり、一冊として機能しているということ。

 

嵯峨直樹歌集『半地下』(KADOKAWA)

嵯峨直樹歌集『半地下』(KADOKAWA、2014年)
*初出:「うた新聞」2015年3月号
[関連項目]
 
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動