Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学評論(短歌評論・俳句評論)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
俳句工房[ZA]−吉野裕之の俳句と評論の工房
 
 
 
 
 
秋山律子歌集『或る晴れた日に』書評
 
 
  • しろじろと春の雲行くゆくえには幾つの国の春の日の影
  • 家の隅しめりて日がな聴く母の声に夕陽がのしかかり来る
  • この角を曲ればきっとある部屋の卵のような寝台一つ
  • 何かぼうと眉がうすくて喪主の座の友は左右にそよぐ 遠くに
  • 黄ばみつつ冬過ぐるなれ古書店にひらくページに昼が積もりて
  • 四月には桜並木が白じろと街を流れて光(かげ)ばかりなり

 世界は、たぶんこのようにあるのだ。この一冊を読みながら、そう思った。このように。そう、ひとりの私が感覚するイメージとして。だから、多様な私がそれぞれのイメージを展開する世界=日常は豊かなのだ。
 影、夕陽、卵、眉、昼、光。これらを媒体として、秋山さんは世界を掴まえる。あやういけれど、確かに掴まえている。韻律の力を十全に働かせながら、みずからの意志で空間を再構成していく。

 
 

秋山律子歌集『或る晴れた日に』(北冬舎)

秋山律子歌集『或る晴れた日に』(北冬舎、2009年)
*初出:「短歌研究」2009年11月号
*同誌の書評欄「最近刊歌集・歌書評・共選」のために書かれたものである。
[関連項目]
雑記帳329(2009年のベスト歌集・歌書)
ことばをめぐる雑感
 
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動