Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動
 
短詩型文学評論(短歌評論・俳句評論)
 
HOME
What's New
都市論・まちづくり論
短詩型文学作品
短詩型文学評論
雑記帳&告知板
リンク集
profile
著書
 
このサイトについて
サイトマップ
 
[関連サイト]
俳句工房[ZA]−吉野裕之の俳句と評論の工房
 
 
 
 
 
確かな私の場所
−光栄堯夫歌集『向こう側』−
 
 

 向こう側とは、反対側。こちらに対するあちら。では、あちらとは、どのような場所なのだろう。
 おそらく、あちらとはこちらの別名なのだ。こちらで営まれているもの/ことは、いうまでもなく、必ずしもすべて整合が保たれているわけではない。というより、すべて整合されていない、といってもよいのかもしれない。つまり、整合されていないもの/ことの集合が私たちの日常。しかし、あちらを仮構することによって、この困難な日常が救われる。

  • ビニールの傘のごとくにひっそりと隅に立ちおり会果てしのち

「自分ひとりだけ、あちらにいるようだ」。ふと、そんなことを呟いているのかもしれない。しかし、「あちらにいるようだ」と呟くことによって、私は救われている。もしあちらがなければ、どこにも私の場所がない。つまり、私はいないのだ。

  • カーテンがひるがえるたび向こう側とこちら側とが入れ替わりたる

 著者は、向こう側を探りながら、確かな私の場所を得ている。なぜなら、向こう側とこちら側が入れ替わっても、それを認識している私そのものは入れ替わっていないのだから。

 

光栄堯夫歌集『向こう側』(ながらみ書房)

光栄堯夫歌集『向こう側』(ながらみ書房、2009年)
*初出:「日本歌人クラブ」第167号(2010年4月)
*同誌の書評欄「歌集・歌書紹介」のために書かれたものである。
 
このページのトップへ
© 吉野裕之  http://hiro1961.art.coocan.jp/
Made in Y−短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動